読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役に立たない読書

読書は娯楽である。

役に立つか、たたないか、考えるのは無粋である。役に立てようと思って義務的に読むのは面白くない。つまらない本は読まなければいい。

でも食わず嫌いはよくない。何事も試し読みしてみると、意外と面白いものに出会える。無駄骨あるけれど、それも一興。

本の装丁などのデザインは「書姿」。姿が美しいと手に入れたくなる。これはわかる人だけわかること。

本も中身だけが全てではない。デザイン、大きさ、ページのめくりやすさ、字のフォント、余白の広さ、そして、その本を手に取ったシチュエーションまで全てがその本との思い出になる。

また本を手放すことが難しくなりそうだ。

 

 

 

広告を非表示にする